家族葬で故人をあたたかく見送るために

HOME » 家族葬とはどんな葬儀? » 密葬との違い

密葬との違い

家族葬をよりわかっていただくために、密葬との違いについてまとめてみました。

密葬とは

密葬は、簡単に言葉の通りにいうと、公開しない秘密の葬儀。主に近親者や本当に親しかった方を中心にあげられるのは、家族葬と同じですが、密葬は「本葬」とセットで営まれることが多い葬儀。

たとえば、故人が有名人や経営者等で、社葬などの多くの会葬者のいるときに、近親者や親しい方のみで密葬をする場合があり、身内のみで公開しません。密葬の後、本葬があげられます。

最近では、密葬後にしのぶ会やお別れの会などを本葬の代わりに執り行うことが多くなっています。

密葬であげる理由

  • 本葬の前に先に身内でお別れしたい
  • 本葬の規模が大きく準備に時間がかかるため
  • ご遺体の状態が良くなく火葬を早めたい

また、最近では、有名人などがなくなった場合に、会葬者が多い本葬をあげず、密葬だけですませるケースも増えてきています。

こういった場合、家族葬との違いがわかりにくいのですが、密葬は、さまざまな事情により亡くなられたことを公にせず、身内だけであげ、知らせる人を限定する、という古くからある葬儀の形です。

家族葬とは

家族をはじめ、少ない人数で、単独であげられる葬儀のこと。家族や親族、親しい友人など参列者を限定しますが、どこまでの規模かはさまざまであり、決まりはありません。身内と親しい人のみで故人の思い出を共有し、送り出すという新しい葬儀なのです。

密葬は、事情により身内だけで執り行う葬儀と説明しました。家族葬は、のこされた家族のため、故人らしさを大切にするために、故人の遺志やご遺族のご希望により選ぶという傾向です。

家族葬には決まりはなく、いろいろな選択肢があります。

  • 余計な段取りをなくし、シンプルな葬儀で故人に寄り添う
  • 身内や本当に親しかった方だけで故人の思い出を共有する
  • 費用をかけられないため身内だけで送り出す
  • 宗教や決まりごとにこだわらず故人らしい葬儀にする
  • 知人が少なくなった高齢の故人でのため参列者は身内だけに

家族葬を選ぶ理由は、そのご家族によってさまざまですが、近親者が故人を偲びながら、ゆっくりお別れをすることができる家族葬は、今、とても増えているのです。

 
さいたま市であげる家族葬【専門葬儀社案内】