家族葬で故人をあたたかく見送るために

HOME » 家族葬とはどんな葬儀? » 家族葬のマナー

家族葬のマナー

家族葬には、一般的な葬儀とは少し異なるマナーが必要となります。その一部をここでは簡単に説明します。

家族葬に呼ぶ範囲の配慮

家族葬は、身内や親族、ごく親しい友人・知人など、その範囲はそれぞれの葬儀によりさまざま。

だからこそ、後々のトラブルにならないために来ていただく範囲については気をつけることが大切。一般的に、10名の小規模の場合は、家族のみで2親等くらいまでとします。

家族葬のなかでも規模を大きく30名程度とする場合、家族・親族は3親等と、それに加えて親しい知人・友人までが妥当でしょう。厳密な決まりはないため、故人の親しさやご遺族の気持ちで範囲を限定し配慮する、ということです。

香典の辞退

家族葬の場合、近親者のみの葬儀なので、香典を辞退するのが一般的。

香典は辞退しても、参列者に返礼品は差し上げる、また、会葬礼状のみという場合もあります。ご家族の考え方により、身内のみのため返礼品をすべて省くこともあります。

香典を辞退する旨を伝えても、香典を持ってこらえる方もいらっしゃいますが丁重にお断りします。送ってこられた場合は、まずは受け取って香典返しを用意しましょう。

案内状・挨拶状のこと

家族や親族の近親者のみですから、お通夜や葬儀の案内状を出すことはせず、ほとんどが電話連絡で案内するケースが多いようです。

家族葬をあげた後、後日に挨拶状を送ることになります。挨拶状の書き方としては、故人の希望により家族葬を執り行ったむね、お供えものや香典などは一切辞退する旨も記入して送ります。

葬儀の進行

一般葬で必ずある葬儀の常識も、家族葬では省くこともあります。たとえば、通夜供養・葬儀供養をしなかったりします。

葬儀を知らせる看板を立てないこともありますし、霊柩車は手配せず寝台車を使うこともあるそうです。故人の遺志やご遺族のご希望により簡略化することも多いので、葬儀社担当者と相談しましょう。

喪主のあいさつ

親しい人だけが集う場合は、あらたまった喪主のあいさつをしない場合があります。ご家族だけでなく、親族もいらっしゃる場合はご挨拶をされることが多いようです。

さいたま市(浦和・大宮・与野周辺)に限ってのことですが、通夜のあいさつは特にしないという、しきたりもあるようです。

 
さいたま市であげる家族葬【専門葬儀社案内】