家族葬で故人をあたたかく見送るために

HOME » 家族葬とはどんな葬儀? » 家族葬進行の手順

家族葬進行の手順

家族葬の進行は、ご遺族の意向や宗派などの問題により、多様ですが、ここでは一般的な流れについてまとめ、その順序をわかりやすく説明しました。

1.永眠

臨終のときはショックと悲しみで、思考力が低くなってしまいます。病院で亡くなられた場合、エンジェルケアという体をきれいにふきお着替えをさせてくれます。その間、少し冷静になる時間もあります。

また、ここで死亡診断書も受け取ります。

2.葬儀業者への連絡

事前に依頼したい葬儀社が決まっている場合はその担当者に連絡します。決まっていない場合、病院から紹介をうけることもできます。

家族葬を考えている場合は、ご家族でよく話し合い、信頼できる葬儀社を選んでおく方が、悲しみのなかのご遺族の負担も減らせますし、思い出を共有できるよりよい葬儀になると思います。

3.ご遺体の安置

葬儀社によってドライアイスの処置が行われ、顔に白い布をかけて布団に安置されます。枕飾りという飾りつけも行いますが、これは葬儀社におまかせします。

お寺様に読経をしていただく、枕経をお願いします。末期の水といって、人は亡くなるとき非常に喉が渇くという言い伝えから唇を湿らせる儀式をします。

4.葬儀社との打合せ

ご遺体の安置の後、今後の葬儀の進行について葬儀社の担当者と打ち合わせをします。

  • 遺影写真を葬儀社にあずける
  • 喪主の確認、参列者の決定(宿泊もあれば手配)
  • お通夜と葬儀の時間、内容を決定
  • 火葬場の決定(死亡診断書を葬儀社に預け手続き)
  • 僧侶の手配
  • お料理や供物などの確認
  • 親族代表挨拶のこと

そのほか、喪服を準備、親族への連絡などもあります。わかりづらく、やらなければいけないこともいろいろありますが、葬儀のプロの担当者が親身に相談にのってくれるはずです。

5.通夜

一般葬と大きな流れは同じです。葬儀準備として供花や供物、受付の分担などの確認があります。受付など身内だけですのでしないこともあります。香典も辞退や受取の打合せもします。

僧侶到着後、開式となります。流れとしては、導師入場→開式の辞→読経→焼香→導師退場→閉式の辞、の順。

通夜式終了後、弔問者への親族代表挨拶があります。その後、通夜ぶるまい・夜とぎとなります。

6.告別式

告別式も一般葬と流れは同じです。葬儀準備として供花や供物、受付の分担などの確認があります。

流れとしては、導師入場→開式の辞→読経→弔辞・弔電→読経→焼香→導師退場→閉式→会葬御礼挨拶→お別れ→出棺となります。

7.出棺~火葬

遺影写真・骨箱、位牌を持ち、出棺となります。火葬場に到着したら、火葬許可証を提出し、霊柩車からお棺が炉前に運ばれます。僧侶が読経し、僧侶・喪主・親族という順に焼香します。合唱をもって炉にお棺をおさめます。

8.お骨上げ

お骨上げの時間までは休憩を取り精進揚げのお料理を召し上がり待ちます。案内がありますので移動し、お骨上げをします。

 
さいたま市であげる家族葬【専門葬儀社案内】