家族葬で故人をあたたかく見送るために

HOME » 家族葬需要が高まっている理由【埼玉の葬儀】

家族葬需要が高まっている理由【埼玉の葬儀】

最近の傾向として、家族葬の需要は高まってきています。その事情は、故人の遺志やご家族の考えによりさまざま。

「盛大な葬儀よりも、身内だけでゆっくりお別れがしたい」「高齢で亡くなったため交友関係が限られている」などの事情や、「のこされた家族のためお葬式は低予算にしたい」という、生前の故人の遺言ということもあるようです。

家族葬を選ぶ方が増えているわけ

家族葬と一般葬の違いをいうと、香典の辞退、会葬礼状なし、通夜供養・葬儀供養なし、などという形式を省いて、気兼ねなく故人らしいセレモニーを重視する、というのが家族葬。

一般葬は、これまでお世話になった、お付き合いのあった会社などの方まで参列して盛大に葬儀をする、という違いがあります。

不景気が続く現代、価値観はそれぞれですが、世間体を気にするよりも、無理にお金をかけずに、低予算でも、心のこもった家族がお別れを大事にできる葬儀の形として、この家族葬が選ばれている、という背景があるのです。

以前は、近親者だけで葬儀をあげるものすべてを密葬と呼ばれていましたが、今は、「家族葬」という呼び方が一般的に定着し、宗教や形式にとらわれない心のつながりを大切にした葬儀が時代のニーズに合ってきたのだと思います。

このような現状を踏まえ、このカテゴリでは、さらに詳しく「家族葬」の需要が高まっている理由について、3ページに分けて解説していきます。

故人の意志を尊重できること、ゆっくりお別れの時間がとれること、経済的負担が少ないこと。その3つのメリットは、大切な家族が最後のときを迎えるうえで、とても重要な要素です。

 
さいたま市であげる家族葬【専門葬儀社案内】