家族葬で故人をあたたかく見送るために

HOME » 家族葬需要が高まっている理由【埼玉の葬儀】 » ゆっくりお別れの時間がとれる

ゆっくりお別れの時間がとれる

家族葬は、家族や近い親族、とても親しかった友人などで、気兼ねなくあげられる葬儀です。参列者数が少ないことのメリットは多くあります。

一般の葬儀では、家族、親族はもちろん、友人・知人、近所の方、会社関係者など、多くの参列者があります。ご遺族は、故人への悲しみを抱えながら、たくさんの参列者に気を使うことになり、非常にあわただしく、精神的にも体力的にも負担が大きいでしょう。

家族葬では、ごく限られた、ご家族とごく親しい親族など、気を許せる方々のみで執り行えるので、一番近くにいて大切な家族が故人のそばに寄り添い、お別れにじっくり向き合うことができるのです。

ご遺族の段取りや役割を最小限にできる

悲しみのなか、なれない葬儀の段取りを決め、役割をこなしていく等、ご遺族のご負担は大変大きいでしょう。

一般的な葬儀では、段取りや役割に追われ、あっという間に故人との時間が過ぎてしまった、とおっしゃる方は多いようです。家族葬は、ご遺族の判断で、葬儀の決まりごとにこだわることなく、最小限の段取りや手順にもできるため、親しみやすい心和む葬儀にもなります。

堅苦しくなく故人らしさが現れた家族だけのアットホームな葬儀は、ご遺族の気持ちが違います。また、あらかじめ参列者の人数ができるため、料理や返礼品などの手配も把握しやすく少なくてすむのです。

ご家族がお別れと向き合える

ご遺族だけで、静かに故人とのお別れができるのが家族葬のいいところです。

一般葬では会社関係者などあまり親しくない方などの参列もありますが、家族葬の場合、故人のことを良く知る人だけが集まるので、参列者が故人への想いを共有することができます。

家族を中心とした葬儀で故人を送り出すことで、のこされた家族の絆も深めることも可能。葬儀のしきたりにこだわることなく、故人らしさがあらわれる演出にできるので、ゆっくりとじっくりと故人のお別れと家族が向き合うことができると思います。

このように家族葬は、ご遺族と故人のお別れの時間を最小限に、どのような形式にしていくか、家族や親族、親しい友人等のどこまで参列をお願いするか、ご遺族が決めていく葬儀です。

ご家族にとって、ゆっくりじっくり故人との最後の時間を大切にできると選ぶ方が増えているのです。

 
さいたま市であげる家族葬【専門葬儀社案内】